最強可逆コーデック MSU Screen Capture Lossless Codec

最強可逆コーデック MSU Screen Capture Lossless Codec

対戦動画に最適な可逆圧縮コーデックは何か。
複数のロスレスコーデックを用いて実験した 

ソース
解像度640x480 30fps 1分46秒の対戦動画

ロスレスコーデック同士の比較なので無圧縮時の容量は省く
圧縮時間は環境によりにけりなので参考程度に

サイズ(MB)

CorePNG
http://www.free-codecs.com/download/CorePNG.htm
各フレームをPNGで圧縮する
圧縮率は高い方だが時間がかかりすぎて実用的ではない
容量:205MB
所要時間:28分51秒
マルチスレッド対応:×
デコード時のCPU負荷:20〜27%

FastCodec 1.0 beta
http://videosoft.org/codecs/
Huffyuvの6割程度まで縮み、速度も速い
現在ではその特徴も他のコーデックに追い抜かれてしまった
容量:779MB
所要時間:2分33秒
マルチスレッド対応:×
デコード時のCPU負荷:23〜50%

FFV1
http://ffmpeg.mplayerhq.hu/
ffmpeg内蔵のロスレスコーデック
デコードは重め
容量:424MB
所要時間:2分37秒
マルチスレッド対応:-
デコード時のCPU負荷:50〜56%

H.264 Lossless
H.264/AVCは規格上可逆圧縮もサポートする
ffdshow経由のデコードでも予想を超える軽快さ
色空間はYCbCr4:4:4 (High 4:4:4 Profile)
容量:165MB
所要時間:2分19秒
マルチスレッド対応:○
デコード時のCPU負荷:16〜36%(ffdshow) 8〜28%(CoreAVC)

Huffyuv2.1.1
http://neuron2.net/www.math.berkeley.edu/benrg/huffyuv.html
最早デファクトスタンダード
低圧縮だが負荷が軽い
容量:1280MB
所要時間:2分2秒
マルチスレッド対応:×
デコード時のCPU負荷:21〜33%

Huffyuv2.1.1MT
http://www29.atwiki.jp/lossless/pages/11.html
上記のHuffyuvにマルチスレッド化を施した改造版。
圧縮速度は一番速い
容量:1280MB
所要時間:1分36秒
マルチスレッド対応:○
デコード時のCPU負荷:34〜42%

Huffyuvs2.1.1 CCESP Patch0.2.2
Cinema Craft Encoder用のHuffyuv改造版
輝度スケールが変換されないように施されている
容量:1280MB
所要時間:2分3秒
マルチスレッド対応:×
デコード時のCPU負荷:29〜36%

Lagarith 1.3.18
http://lags.leetcode.net/codec.html
高速で高圧縮、展開速度も速いオールラウンドなコーデック
容量:287MB
所要時間:1分53秒
マルチスレッド対応:○
デコード時のCPU負荷:22〜41%

MSU Lossless Video Codec 0.6
http://www.compression.ru/video/ls-codec/index_en.html
圧縮率重視のコーデック。デコードは激重
容量:146MB
所要時間:12分39秒
マルチスレッド対応:×
デコード時のCPU負荷:50%(片コアフル)

MSU Screen Capture Lossless Codec 1.2
http://www.compression.ru/video/ls-codec/screen_capture_codec_en.html
本当にロスレスか?と疑ってしまう程縮む
画面全体が動く場面にさしかかると途端に負荷が上がりエンコード/デコードが遅くなる
プレイヤーで再生時、稀に映像が真っ暗になることがあるが動画自体に問題はない
編集用途で使う場合はあらかじめキーフレームを入れておかないと不具合が出る
容量:57MB
所要時間:2分11秒
マルチスレッド対応:×
デコード時のCPU負荷:15〜41%

Ut Video Codec Suite 4.0.2
http://umezawa.dyndns.info/wordpress/
国産の新鋭コーデック
まだまだ発展途上。デコードは安定している
()内はデコード速度優先時のもの
容量:490MB (606MB)
所要時間:1分51秒 (1分44秒)
マルチスレッド対応:○
デコード時のCPU負荷:33〜42% (26〜35%)

圧縮率 左程高い
MSU SCLS > MSU Lossless > H.264 Lossless > CorePNG > Lagarith > FFV1 > Ut Video > Fastcodec > Huffyuv≒HuffyuvS≒HuffyuvMT

圧縮速度 左程早い
HuffyuvMT < Ut Video < Lagarith < Huffyuv ≒Huffyuvs < MSU SCLS < H.264 Lossless < Fastcodec < FFV1 < MSU Lossless < CorePNG

展開速度 左程早い
HuffyuvMT < Ut Video < Lagarith < Huffyuv≒Huffyuvs < H.264 Lossless < CorePNG < MSU SCLS < Fastcodec < FFV1 < MSU Lossless

MSU Screen Capture Lossless Codecは特に低解像度で色数の少ないソースに対して使うと効果的で、他のロスレスコーデックで圧縮した時よりも大幅に差を開いたサイズになる
まさに対戦動画に適したコーデックと言えるだろう。保管にはもってこいである

※追記 2008/5/25 Ut Video Codecを追加
※追記 2008/9/08 H.264 Losslessを追加、Lagarith 1.3.18にアップデート、Ut Video Codec 4.0.2にアップデート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。